【Contentful Webhook】コンテンツ変更を検知し、Netrifyで自動でビルドさせる方法

どーも、ぐるたか@guru_takaです。

Contentful内のコンテンツの変更(追加、編集。削除)後に、自動でNetrifyでビルドを走らせ、デプロイさせる方法をまとめました。

Contentfulに関する記事については、以下を参考にしてみて下さい!

【初心者向け】Contentfulの始め方。コンテンツモデルの作成や投稿、APIキーの場所などまとめ【使い方】 Contentfulとは?ヘッドレスCMSって何?誰でもわかるように解説してみる

手順

STEP.1
NetrifyでBuild hooksを作成
STEP.2
Contentful Webhookの設定

STEP.1:NetrifyでBuild hooksを作成

まずは、Netrify側でBuildを走らせるAPI(Build hooks)を作成します。Contentful Webhookで変更を通知した後に、Build hooksを発火させるためです。

やり方は超簡単!

Settings > Build & deploy > Build hooksで「Add build hook」をクリック。

その後、Build hook nameを適当につけて、「Save」で保存しましょう。


すると、APIが作られるので、コピーしておきましょう。Contentful Webhookを設定する際に使います。

STEP.2:Contentful Webhookの設定

続いて、Contentful Webhook側の設定をしていきます。

最初にSettings > Webhooksをクリック!

次に、右サイドバーの「Netrify」をクリックしましょう。

そして、Build hooksで作成したAPIをペーストし、「Create webhook」をクリック!

すると、Contentful Webhookが作成されるので、最後にContentful Webhookが発火する条件を設定していきます

TriggerにあるFilterを好みで設定しましょう。ちなみに私は、コンテンツタイプを指定しています。

特定のコンテンツタイプ(例えば、ブログなど)に属するコンテンツに変更があった時のみ、Webhookが発火するので、全く関係ないコンテンツが変更されても無駄にNetrify側でビルドされる心配もありません


参考 Triggering static site builds with webhooks – Contentful

最後に

以上です!これで、Contentful側でコンテンツを変更してみると、Netrify側でビルドが走るようになります。

コンテンツを公開する効率が上がって快適!

参考になれば幸いです。

参考リンク

参考 Netlify Build hooks + Contentful Webhookで記事公開フローを効率化する | hyme

コメントを残す