【Unity】TextMeshProを導入してみる【エラー対応・ 日本語フォント作成あり】

どーも、ぐるたか@guru_takaです。

Unityゆるふわサマーアドベントカレンダー 2019 #ゆるふわアドカレの3日目を担当します。

前日はスーギ・ノウコ自治区@pCYSl5EDgoさんのMono.Cecil入門でした!

今回は面白いテキスト表現ができるAsset「TextMeshPro」の導入方法について、まとめていきます!

Asset「TextMeshPro」とは?

「TextMeshPro」とはuGUIではできないリッチなテキスト表現ができるAssetです。2019/8/3の時点では、Unityのパッケージマネージャーに。

また文字が滲まなかったり、マテリアルの設定ができるなど、高機能がたくさん!

引用:Unity 2018 で TextMesh Pro を最大限に活用しよう | 公式ブログ

「TextMeshPro」を使えば、テキスト表現の幅が広がるわけです。

Asset「TextMeshPro」の導入方法

2019/8/3 追記
Package Managerにすでに導入されているので、STEP.1~STEP.2は必要ありませんでした!
STEP.1
Asset StoreからDL→Import
STEP.2
TextMeshProのフォルダ削除
STEP.3
Window>TextMeshPro>ImportTMPEssentialResourcesをクリック
STEP.4
Window>TextMeshPro>ProjectFilesGUIDRemappingToolでScanしてSave
STEP.5
Window>TextMeshPro>Import TMP Examples and Extrasをクリック

STEP.1:Asset StoreからDL→Import

2019/8/3 追記
STEP3からで大丈夫です!

まず「TextMeshPro」をAsset Storeからダウンロードして、インポートします。
TextMesh Pro | Asset Store

すると、たくさんのエラーが出てきます。

STEP.2:TextMeshProのフォルダ削除

2019/8/3 追記
STEP3からで大丈夫です!

フォルダ「TextMesh Pro」を削除しましょう!

STEP.3:Window>TextMeshPro>Import TMP Essential Resourcesをクリック

「Import TMP Essential Resources」をクリックして、そのままインポートしちゃってください!

STEP.4:Window>TextMeshPro>Project Files GUID Remapping ToolでScan

次に「Project Files GUID Remapping Tool」をクリックして、インポートしちゃってください。

そして空白に「TextMesh Pro」を入力し、Scanしましょう!


参考 Unity2018にアプデしたらTextMeshProでエラーが出た<br /> pc-memo

STEP.5:Window>TextMeshPro>Import TMP Examples and Extrasでサンプル導入

サンプルは「Import TMP Examples and Extras」をクリックしてインポートすると、色々みれます!

あとはヒエラルキーから、3Dオブジェクト or UIから、「TextMesh Pro」を作成するだけ!

Materialによって、Outlineやメタリックな表現など色々できるので、ぜひ試してみてください!

日本語フォントを使うときの手順

日本語フォントを使うときは、ttfやotfからassetを生成していきます。

STEP.1
Window>TextMeshPro>Font Asset Creatorをクリック
STEP.2
フォントファイルを読み込ませて、色々設定
STEP.3
Create Font
STEP.4
Generate Font Atlas→saveで完成!
STEP.5

STEP.1:Window>TextMeshPro>Font Asset Creatorをクリック

STEP.2:フォントファイルを読み込ませて、色々設定

色々設定していきます。

こちらの記事を参考にしました。
参考 UnityのText Mesh Proアセットで日本語を使うときの手順<br /> Qiita

「Character Set」ですが、Custom Characterにして、以下リンクのtxtをまるっとコピーしましょう。
参考 kgsi | japanese_full.txt<br /> GitHub 参考 UnityのText Mesh Proでほぼ全ての日本語を表示させるQiita

Generate Font Atlas→saveで完成!

あとはフォントを生成して終わりです!数百文字以上欠けているときは、サイズを小さくすると良いでしょう。

これで、日本語フォントを使えるになります!

最後に

以上になります。

色んなテキストアニメーションを試して、オリジナルな表現にトライしてみてください!

コメントを残す