bashからzshに変更したので、インストール方法をまとめてみた

どーも、ぐるたか@guru_takaです。

先日、bashからzshに変更しました。フレームワークはPrezto、テーマはpureを使っています。控えめにいって凄く快適です。

色々な方々に広めたいので、zshのインストールからbashの変更する方法を紹介していきます。

zsh導入の流れ

STEP.1
zshのインストール
STEP.2
zsh-completionsをインストール
コード補完
STEP.3
インストールしたzshをシェルに登録
STEP.4
デフォルトをzshに変更
STEP.5
.bash_profile.zprofileに追記
STEP.6
brew doctorでhomebrewが正常かどうかチェック

STEP.1:zshのインストール

以下のコマンドでzshをインストールします。

brew install zsh

STEP.2:zsh-completionsをインストール

次にコード補完を導入します。

brew install zsh-completions
参考 brewのzsh-completionsを使ってzshの補完を強化するQiita

STEP.3:インストールしたzshをシェルに登録

次はシェルの登録です。以下コマンドでファイルを開きます。

sudo vi /etc/shells

その後、以下のように/usr/local/bin/zshを追記してください。

/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
/usr/local/bin/zsh

STEP.4:デフォルトをzshに変更

そしてshellをzshに変えます。

chsh -s /usr/local/bin/zsh

ここでターミナルを再起動すると、shellがzshに切り替わっているはずです。

STEP.5:.bash_profile.zprofileに追記

続いて、.bash_profile.zprofileに追記します。

zsh用のファイルに書かないと、pathに関する情報などが読み込まれなくなるからです。

cat .bash_profile >> .zprofile
参考 .bash_profile ? .bashrc ? いろいろあるけどこいつらなにもの?Qiita

STEP.6:brew doctorでhomebrewが正常かどうかチェック

最後に、homebrewが正常に動くかどうか、以下のコマンドで確認します。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

ここで正常であれば、Your system is ready to brew.と出てきますが、私はPath通してね!と警告が出ました。

ターミナルに表示されたPathを以下のコマンドで通すと、正常になります。私は以下のコマンドを叩きました。

echo 'export PATH="/usr/local/sbin:$PATH"' >> ~/.zprofile

おまけ:.zshrcに設定ファイルを書き込む

.zshrcにzshの設定を書き込めます。例えば色を変えたり、履歴を辿れるなどです。

以下のファイルが参考になるので、興味ある方はぜひチェックしてみてください。
参考 【少し凝った zshrc】mollifier/zshrc_useful.shGitHub

最後に

以上です。さらにzshのフレームワークをインストールすると、より使いやすくなるので、オススメです。

ぜひ快適なzshライフをお楽しみください!

参考リンク

参考 お前らのターミナルはダサいQiita 参考 bashからzshに移行したときのメモQiita

コメントを残す